結納ガイドブック
このエントリーをはてなブックマークに追加

結納とは?

結婚が決まった後、最初に行なう儀式が結納です。
ここで2人が戸惑うことになるのが結納ではないでしょうか。

結納とは封建時代からある風習で、簡単にいえば「この結納金で嫁入りの準備をして下さい」というものです。
その根底には今でもよく使う「嫁を貰う」ということがあり、嫁に入った女性は○○家の人間になったとなるのです。

ちなみに婿を貰う場合は立場が逆になります。
この場合の結納金は、嫁を貰う場合の2倍位となっていました。

両家が納得して決めること

現在の結婚からすると古臭い習慣といえなくもないのですが、忘れてならないことは男性側の家と女性側の家との付き合いの始まりということです。
2人の間では納得して結納をしないと決めても、家同士の付き合いからするとそうは行きません。

家同士の正式な顔合わせとなることですから、結納の場は設けたほうが良いでしょう。
しかし、結納金が相場よりかけ離れた場合や品物だけで済ませる場合は両家のある程度の納得が必要です。

結納金を決める時の注意点

昔はほとんどの場合、仲人がたち両家を調整したものですが、今は仲人なしが増えています。
仲人がいない場合は2人である程度決めなければなりません。

この時に注意することは、男性は女性の家の希望を聞いてはいけないし、女性側も希望を伝えてはいけません。
いくらフランクな世の中になっても、これは最低限のマナーです。

結納金の相場はいくら?

以前は給料の3倍といわれていましたが、あまり気にする必要はないでしょう。
あくまでも経済力に見合ったものにすべきなのです。

2人にとってはこれからの生活が大切ですからあまり無理をするのも避けたいところです。
しかし、女性側の家を尊重することも重要なことです。
男性側は悩むところですが、互いが納得した記念日になるよう2人で相談することが大切です。

新着情報

知っておくと意外に役に立つ結納の歴史についてあれこれ
結婚が決まった男女にとって、未来は明るく輝けるものであるはずです。 「笑いの絶えない温かい家庭を築きたい」、「子供は3人で、いつも賑やかな家庭がいい」。 そんな幸せな未来の想像をする前に、実はやらなければならないことはたくさんあります。 「親への報告はいつするのか?」、「結婚式の

最近はこっちが定番!略式結納の流れ
結婚が決まったカップルにとって、「結納をどうするか」という問題は避けて通ることが出来ません。 もともと結納という儀式は両家が縁を結ぶことを祝うためのものであり、古くから伝わる日本の風習です。 今の若い人たちからすれば、「堅苦しい」、「面倒な」イメージが強いかもしれません。 しかし

ここを失敗すると大変!結納の前の両家顔合わせの必勝法!
結婚は二人だけの問題ではありません。 お互いが好きで一緒になりたいと思っても、ただそれだけで上手くいくほど結婚生活は甘いものではないのです。 自分で稼いでいるいい大人であれば、両親も二人の結婚に口を挟むようなことはあまりしないでしょう。 でも結婚後のことを考えても、双方の両親にし

何からどうすればいい、仲人なしでの結納の挨拶
「結納」と聞くと「堅苦しい」、「難しい」というイメージが強いと思いますが、今は仲人を立てずに行う「略式結納」が主流になっていますので、それほど難しく考える必要はありません。 しかし、実際に仲人を立てずに結納を行うとなると、間に入ってくれる人がいない分、「自分たちだけで何をどうした

何が常識、非常識!女性側、男性側の結納の挨拶
最近は「略式結納」と言って、仲人を立てずにレストランや料亭などの会場を予約して、両家が一同集まって結納品の受け渡しをするスタイルが一般的です。 結納の儀式の後はそのまま食事の席に移りやすいというのも、このスタイルの人気の理由のひとつのようです。 しかし、いくら簡略化されてきている